製品紹介

トップページ 製品紹介

Koo-fu

  • ハイジュエリー
  • ダイヤモンドジュエリー

Koo-fuの読み方は「クーフー」。
ジュエリーの産地「甲府」をイメージさせ、海外での呼びやすさ、覚えやすさを重視したまさに産地ブランドといえる製品です。

純度を高めると、必然的に硬度が下がるのがプラチナの特長。
純度を高め輝きを増しながら、キズがつきにくい硬度を保たせることはプラチナ製品を作るメーカーの夢でもありました。

数年の開発期間を掛けその夢を実現させたのが「Koo-fu Pt950」です。
独自の加工技術により、純度が95%でありながら従来よりも硬度を高め、より一段と美しく、品質の高いプラチナ製品を生み出しました。

石友でもKoo-fuの開発には力を入れており、今後もこの高いポテンシャルを秘めた素材の可能性を、石友ならではのモノづくりで追求していきます。

Koo-fuCOLLECTION2019

【アジサイ/Ortensia】

クーフーコレクション2019画像1

- コンセプト -

昨今のデジタル化しつつある社会に疲れ気味になっている現代女性に癒しをというテーマで制作。

- モチーフ -

アジサイの花は「移り気」「高慢」⇔「元気な女性」「ひたむきな愛」など、マイナスとプラスの要素の花言葉を兼ね備えており、表裏一体の現代女性の心を表現するモチーフとした。

- デザインポイント -

ピンクのアジサイには「元気な女性」という花言葉があり、ルビー、ピンクサファイアの石を使用し深い赤からピンクへ…グラデーションで女性の心を表現。
またピンクゴールドの地金を使用することにより、着けた女性の顔回りを明るく華やかに魅せる。

【アイリス/Iris】~テーマ:Moist(しっとり、潤い)〜

クーフーコレクション2019画像2

- コンセプト -

ナチュラル&リラックスを感じて日々に潤いを与えてくれるように。。。
深澤先生のアイリスクオーツから、「Iris⇒虹彩⇒目」と発想し…目をキラキラ輝かせるには潤いが大事
自然界も潤いが無いと活き活きできないということから…

- デザインポイント -

深澤先生が宝石研磨でつくり出したラインと地金のラインを合わせることで、アイリスクオーツに施された彫刻にキラメキをプラスさせました。
腕から爪までを“自然界の木”にみたてており、木の幹のテクスチャーを入れてもらっています。石と接する内側の地金を鏡面仕上げにすることでうるっとした水晶の輝きをひきたたせ、表面の木の幹をブラスター仕上げにすることでしっとりとした優しく上品な雰囲気のナチュラル感を出しました。

Koo-fuCOLLECTION2018

【Beauty of craft 〜japonism〜】

クーフー2018

- コンセプト -

いくつもの思い出を大切にする女性。
月日を重ね、
知を学び、より美しさは洗練されていく。
誰かが見たその姿は、迷いのない凛とした姿。

- デザイナーからのコメント -

2018 年のテーマは Beauty of craft。 クラフト(= ものづくり) の美しさ。
ジュエリー職人の美しく、細かい手仕事を見たとき、
日本女性の繊細な美しさを連想したため、繊細で知的な現代の女性を表現したジュエリーを作ることにしました。
koo-fu プラチナだから出来る、細く繊細なフォルムをした地金に、
底面は七宝模様になるようダイヤモンドをあしらい女性の内面の美しさを。
表面は年を重ねるごとに、内面から出る美しさをイメージしたデザイン。日本の色である若草色の 石を使用しました。

クーフーコレクション2018画像1

クーフーコレクション2018画像2

Koo-fuCOLLECTION2017

【I am curious So,I am beautiful
 〜私は好奇心に満ちている。だから私は美しい〜】

- コンセプト -

好奇心あふれる女性。
それは、知的で、現代の働く女性。強く、賢い女性を表します。
そんなバイタリティあふれる美しい女性を力強く広がっていく植物に見立てて、花開いた知性や教養はまるで輝く宝石のよう。
じっくり見ると下の層にはまた違った柄があり、奥ゆかしく控えめな女性を彷彿させます。
そんな美しい女性たちを植物が持つ、有機的な美しさ、家を守る女性の手仕事になぞらえてデザインしました。

- デザイナーからのコメント -

永遠に這うツタの様に。いろいろな場所に興味を持ち続ける女性。探し続ける美しさはどこまでも永遠に・・・

【表面案】
ツタを伸ばし、広がっていく葉はよりアクティブに、バイタリティ溢れる現代の女性を象徴しています。

【裏面案】
家を守る女性の生活の一部であったレースは、古き良き女性を象徴しています。

Koo-fuCOLLECTION2016

【Graceflow 〜グレースフロウ〜】
テーマ:Koo-fu by SPLASH

- コンセプト -

水が巡るように、溢れるように、
生命を育むように、あなたの美しさも、
どこまでも流れ 満ちてゆく。
次にどんな美しさが溢れるのか
自分でさえも予想できない”瞬間“をその手に閉じ込めて。

- デザイナーからのコメント -

2016年のコレクションテーマが「SPLASH」と聞いた時、“瞬間が生む美しさ”という自分だけのサブテーマを付けました。

水の流れや動きが作り出す、瞬間の美しさ。
それは、一瞬の笑顔・一瞬の仕草・一瞬の優しさ・一瞬の強さ…たくさんの顔を持つ、“女性の美しさ”とリンクすると思ったからです。

Koo-fuプラチナだからこそ表現できる細い流れるような曲線美を大切に、水晶とダイヤモンドで水しぶきを表現。 美しさたちを大切に大切に握りしめて、自分の手の中に閉じ込める。
しかし、その美しさは閉じ込めきれず、どんどん溢れてたくさんの人を魅了するー。
そんなイメージから、“女性が生む美しさ”を、”水が生む一瞬の美しさ”に重ねてデザインしました。

Koo-fu COLLECTIONを詳しく知りたい方はこちらから! 

Koo-fuCOLLECTION2015

【7sequence】
テーマ:Mode Jewelry ~直線と曲線~

- デザイナーからのコメント -

「sequence」とは、“映画などで、一続きのシーンによって構成される、ストーリー展開上の一つのまとまり。例えば、映画では、シーンの集合がシーケンスとなり、シーケンスが繋がっていくことで1つの作品が完成します。
それを女性の一生に見立て、身に付けた方が自分の積み重ねてきた物語に誇りが持てるようなデザインにしました。

女性は年を重ねるということを、後ろ向きに捉えがちですが、
「"年月"を重ねる、"想い"を重ねる、"美しさ"を重ねる」など、それ以上に素敵な意味があると思いますので、"重ねる"という形状に年を重ねることを否定するのではなく、肯定して自分を誇りに思ってほしい、との願いを込めました。

そのため、1つ1つの四角がその人の人生の1シーンを表しています。
ダイヤが輝く大きな四角もあれば、小さくマットな四角もあります。
個々で見ると1シーンに過ぎませんが、それらを重ねていくと、スタートからゴールまでの"流れ"が生まれます。
そして"全体"を見ることで、"人生"という大きなテーマが完成します。

「思い切り泣いて落ち込んだ時期もあれば、キラキラ輝く幸せいっぱいの時もあった。 そうして積み重ねてきた私の人生は美しい!!」
そう思って頂けるよう、生まれたのが 「 7 sequence 」です。

ブログでもご案内しています。詳しくはこちらから!

水流寳珠

  • 催事向け
  • 天然石

古来より東洋では「目の前で起きていることには何事にも、陰と陽のように密接な係わりのある反面が必ず存在する」と考えられてきました。

例えば、自然界に存在する光と影、太陽と月、火と水、天と地、凹と凸…。
これらはそれぞれ両者が存在することで自然な均衡を保つことが出来ています。

世界の全てがバランスで成り立っているように、私達が生きていくためには、バランスが必要不可欠なのです。
この考え方から誕生したのが“水流寳珠”です。

創癒

  • 催事向け
  • 天然石

日本でジュエリーの3分の1を生産している山梨県甲府市。

宝石の研磨・彫刻から、貴金属加工まで、すべての工程が集積する、世界的にも有名なこのジュエリー産地で、創癒~念珠コレクション~は生まれました。

太古の昔、金峰山一帯で水晶が発見されたことに端を発する甲府の宝飾産業は、水晶加工技術の会得により、飛躍的に発展しました。

この歴史を物語るように、甲府には、火の玉・水の玉と呼ばれる美しい水晶玉を御神宝と祀る神社があります。日本水晶発祥の地として知られる金櫻神社。

水晶の採掘と研磨に深い縁を持つこの神社で、創癒を愛用してくださるすべての方の健康と幸せを祈願しています。

レジェンド・オブ・ジュエリー

  • ハイジュエリー

本質を見抜く眼がある。本物を見極める感性がある。本当を見通すチカラがある。
受け継がれるモノが創られ、語り継がれるコトが始まる。
今、永遠に変わらない「価値」がここに生まれる。

レジェンド・オブ・ジュエリー

kaledo

  • ライトジュエリー

万華鏡(カレイドスコープ)の美しく変化し輝く模様のように、ライフスタイル・使用シーン・トレンドに合わせて柔軟に変化し、kaledoを手に取った人が、どんな時も美しく輝くお手伝いをさせていただきたいという想いをこめて。

この他、様々なラインナップの製品がございます。
テキスト入りロゴ

Ism 2015  modernism

  • ダイアモンドジュエリー

モダニズム建築から着想し、幾何学的なライン構成と、平面的な構造の中にも立体感や空間の広がりを感じさるダイヤモンドジュエリーです。 ダイヤモンドのラインで構成されている表面と、地金の美しさを活かした裏面とでリバーシブルで使用していただけます。 プラチナを使用した本体と、内側にイエローゴールド、ピンクゴールドの薄いプレートを挟み込むという多層構造となっており、技術的にも目の肥えたお客様にもご納得していただけるものとなっています。

  • ダイアモンドジュエリー

ダイアモンドを彫り留めしたラインを折り重ね、立体的な美しさを出した優美でゴージャスなリングのシリーズ。 「1,000の時を重ねる」をあらわす永遠のジュエリーが、自信に満ちた華やかな表情を演出します。

AUBE -New Diamond Collection-

  • ダイアモンドジュエリー

AUBE -New Diamond Collection-

less is more

ダイヤモンドが輝くには、いかに多くの光を取り込めるかが重要です。それは完全調律された楽器のように、計算されたフォルムを与えられ初めて、本来の輝きが現れます。Ishitomoのクラフトマンシップを具現化した、オリジナルブランド『Ism』。そこにダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すことを第一のテーマにしたシリーズ、『AUBE』が誕生しました。ダイヤモンドを隠してしまうメタルを極力無くし、計算し尽くされた無駄の無いフォルムは、シンプルという言葉を超えたエレガントな佇まいとなっています。

4つのC

D,IF

  • ダイアモンドジュエリー
  • ハイジュエリー

D,IF

ダイヤモンドは、無色のダイヤをDカラーとして、D〜Zまでの23段階のグレードに分けられています。Zに近づくほど黄色味が強くなり、無色に近いほど希少性が高くなっています。
石友では、グレードがDカラーのクオリティーの高いダイヤモンドをセンターストーンとして使用した製品(リング)をご用意しています。
D,IFは、石友のこだわりとクオリティーを追求したジュエリーとなっています。

ターコイズ

  • ハイジュエリー

1つとして同じ色味が存在しないのが宝石の魅力のひとつ。その中でも同じクオリティーの石を使い作られたターコイズのネックレス。さらに、希少性の高い「スリーピング・ビューティー産」のターコイズを使用しています。スリーピング・ビューティーはアメリカのアリゾナ州にある鉱山で採掘されるターコイズです。その鮮やかな青色が魅力で最も美しいターコイズと評されています。

ターコイズを詳しくみる

純金ジュエリー

  • ハイジュエリー

純度99.9%以上の金で作られた純金ジュエリー。
職人が一つ一つ手作業で作り出す曲線や繊細なディテールは、純金のもつ魅力を最大限に魅せるデザインになっています。
純金ならではの黄金の輝きと気品あふるジュエリーのご紹介です。

【開運竹】ミリオンバンブー
台湾では開運や金運を招くとされる縁起の良い植物です。中国では縁起物として神棚に飾られています。

【繁栄】波
寄せては返す波の、途切れず続く動きから繁栄の意味と、穏やかな波のように永遠の穏やかな暮らしを願って。

【金運上昇】蛇
「抜け殻を財布に入れると金運が上がる」というジンクスから金運上昇の存在であり家や財産を守るといわれています。

製品が出来るまで

製品に関するお問い合わせバナー

MO-1メビウス

  • 健康ジュエリー
  • 催事向け

MO-1メビウス

開発コンセプト

健康に対する関心度は年々増加し、人々の考え方・暮らし方も健康志向へとシフトしてきています。そんな健康志向の人々に向け、健康増進を目的に開発されたMO-1シリーズに新たにMO-1メビウスが誕生しました。石友は、健康に毎日を楽しむ人々をサポートするジュエリーを益々強化していきます。

MO-1メビウス着用イメージ

MO-1メビウス ネックレス/ブレスレット/アンクレットは、皮膚への接触によって末梢神経を刺激することにより外科的麻酔、疼痛緩和、又は他の治療効果を促進する一般医療機器です。

商品ラインナップ

セミオーダーで仕立てるハイエンドジュエリー

一人の職人が全工程に携わり仕上げていくハイエンドジュエリーと同じ方式で生産されるセミオーダーMO-1メビウス。ただの健康ジュエリーではない、まさにハイエンドな健康ジュエリーといえます。

Charm stone

MO-1メビウス(K18・K10に限定)は、アジャスターエンドパーツに7種類の中からお好きな宝石を一石付けることが可能です。

株式会社 石友
〒400-0811
山梨県甲府市川田町
アリア106

TEL:055-220-1711
FAX:055-220-1777

ページの上部へ