石友探訪

トップページ 石友探訪 ジュエリーとアクセサリーの違いとは?

よく「ジュエリー」と「アクセサリー」の違いについてお問合せいただきます。
このページでは意外となんとなく認識していた「ジュエリー」と「アクセサリー」の違いのご説明と、石友が扱う「ジュエリーのこだわり」についてご案内します。

アクセサリーとは?

広く言うと帽子や靴などの身を飾るものが含まれる装身具のことを言います。
分かりやすく具体的に挙げると、ネックレス、リング、ブレスレットなどがあり、使用する素材に制限はなく、真鍮や合金など比較的希少性の少ない金属や、ガラスや模造品を使用して製作されたものがアクセサリーです。

例えば、真鍮に宝石を留めればアクセサリーですが、18金に宝石を留めればジュエリーです。ちなみに18金ではなく10金を使用する場合はライトジュエリーと呼びます。
アクセサリーもジュエリーも服装を引き立てる装身具ですが、単体でも主役を演じられるジュエリーとは違い、アクセサリーは服装を引き立てる脇役として使われることが多く、比較的安価なものが求められる傾向があります。

ちなみにアメリカやイギリスでは装身具すべてを「Jewelry」と呼びます。
日本でジュエリーと言われる中で比較的高価な物はファインジュエリーと呼ばれ、アクセサリーはコスチュームジュエリーと呼ばれています。

ジュエリーとは?

一般には貴金属・天然宝石(※)類を加工した装身具のことをジュエリーと言います。
アクセサリー同様に装身具ですが、金やプラチナなど希少性が高く比較的高価な貴金属や、ダイヤモンドやエメラルドなどの宝石(を含む)を組み合わせたりして加工するアクセサリーです。

どのような加工を行っているかも重要なポイントです。
例えば「留め」。
アクセサリーのような安価なものは、石を接着で留められていることが多いのに対し、ジュエリーは、宝石を爪留めすることが普通です。
接着は劣化して石が取れてしまう可能性が大きいですが、爪留めは爪を引っかけたりしない限り固定されています。

天然宝石が持つそれぞれの魅力を引き立たせるためのデザインも大切で、天然宝石をより輝かせるために石座の裏や側面に、明り取りと呼ばれる隙間を作ることもジュエリーの特徴です。

※ 天然宝石:天然石には貴石と半貴石に分けられ、貴石はダイヤモンド、エメラルド、コランダム系のサファイア、ルビーなど希少性が高く、モース硬度(石の硬さ)が7以上で比較的高価な物です。

ジェエリーとアクセサリーの違いについて

一番大きな違いは、美しくあり続ける「永遠性」にあると言えます。
悠久の時を経た天然宝石。装飾品として利用された最古の金属「金」。そして変色、変質しない強い「プラチナ」などは「永遠性」の象徴と言っても過言ではありません。

本物のジュエリーが持つ「永遠性」は、「還流(※)」という恵みを与えてくれます。お母さんの婚約指輪が母親の思い出として娘の手に渡り、そして孫の成人式の記念として受け継がれる。それは時代によってカタチに少しの変化があっても、ジュエリーが持つ「永遠性」だけが作り出せるドラマでしょう。

※ 還流:流れめぐること

ジェエリーとアクセサリーの違いについて

石友のジュエリー

石友が作る本物のジュエリーは、研ぎ澄まされた感性、卓越した技術と熟練職人の知恵、真贋を見分ける目がひとつにならなければ生まれません。
本物のジュエリーを作りたいから、石友は社内一貫生産方式を採用しています。

  • 製品ができるまでの流れをみる
  • 製品紹介をみる

株式会社 石友
〒400-0811
山梨県甲府市川田町
アリア106

TEL:055-220-1711
FAX:055-220-1777

ページの上部へ